クロサギ主題歌 「抱いてセニョリータ」【山P ソロデビュー記念日:4周年おめでとう!】

山下智久(山P)抱いてセニョリータ ソロデビュー14周年記念 ソロデビュー記念日
スポンサーリンク

山P ソロデビュー14周年記念

 

2020年5月31日

山Pが、「抱いてセニョリータ」でソロデビューして14周年目を迎えました。

至る所で、歓喜の声で盛り上がっています。

こんな時でもお祝いができて本当に嬉しい限りです。

山Pの存在に日々救われています。

そんな今日だからこそ、抱いてセニョリータにまつわるエピソードをまとめてみました。

抱いてセニョリータの背景

2006年5月31日、山下智久さん(当時21歳)

ドラマ「クロサギ」の主題歌でソロデビュー。

この曲へのインタビューされたテレビやDVDから下記を抜粋しました。

山Pのソロデビューへの最初の気持ち

そもそも、「ドラマの主題歌を歌わないか」と言われて、ソロデビューがきまった。

ソロデビューへの第一印象

「やだな」と思った。一人でデビューするのが怖かった。(当時NEWSに所属)

当時は反抗期で全てに反抗していた。

抱いてセニョリータの曲の構成

当時、2曲二曲のデモがあった。その中の気に入ったフレーズ、Aメロとサビをくっつけたらどうなるか」と山Pが提案してできあがった。

抱いてセニョリータのイントロについて

抱いてセニョリーターのイントロは好き。

「イントロを聞いたときにインパクトがある曲にしてください。」とお願いをした。

「初めてのソロでシングルを出すし、ちゃんと自分が愛せるものではないと嫌だった。

 

セニョリーターは山Pの命名

セニョリータってつけてくださいと、自分からお願いした。

「セニョリータ」っていうワードにしてくださいといった。

普通じゃつまんないですよね。

特に歌謡曲に関しては、「えっ」という「なにこれっ」っていうやつがないと引っかからない。

 

最初は抵抗があったソロデビューでしたが、やるからには面白いものを作る!そんなソロデビューに対する意気込みが感じられます。

抱いてセニョリータの快挙

そしてその快挙は素晴らしいものとなります。

初登場で首位を獲得

初動で男性ソロアーティストとしては、4年7ヶ月ぶりの40万突破という数字を叩き出しました。

これは、史上2位の素晴らしい結果。さすがです。山Pもファンもがんばりました。

山Pの提案が散りばめられた「抱いてセニョリータ」ソロデビューとして最高の出発となったのはいうまでもありません。

抱いてセニョリータ 初回限定盤

抱いてセニョリータ初回限定盤 の内容は下記です。

収録曲

  • 抱いてセニョリータ
  • 指輪
  • 特典DVD:抱いてセニョリータPV

指輪について

この指輪は、山下智久くんの作詞作曲です。表向きには「T・Y」とされていますが、

紛れもなく山Pの曲なんです。

ファーストソロツアーのSBSこと「SHORT BUT SWEET 〜短いけれどいい時間(とき)を〜」の、2曲目を飾りました。

白いフワフワのコートに、真っ赤なバラを持って歌っていました。

その王子様スタイルが今でも鮮明に思い出されます。

歌詞は、報われない恋への切なさが溢れています。

抱いてセニョリータ PV

こちらは、ちょっと危なっかしい山Pが見られます。

ヤンチャで放って置けない、そんな若かりし頃のやまPは必見です。

抱いてセニョリータ 通常盤

抱いてセニョリータ通常盤の内容は下記です。

収録曲

  • 抱いてセニョリーター
  • 指輪
  • 向日葵
  • 抱いてセニョリータ(オリジナルカラオケ)

向日葵

この曲も名曲中の名曲です。SBSの後半で歌われました。

爽やかだけれどちょっと切ない。山Pそのものな曲です。

こうして「向日葵」の曲のことを書いているだけで、曲を聴きたくなってきました。

山Pの優しい声質にとてもマッチした、癒しソングの一つですね。

ひまわりと山P

ちなみにこの間のインスタライブ でも、

一番好きな花は「向日葵」といっていましたね。

また、ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜でも、「向日葵」が鍵を握っていました。

山Pと向日葵は、素敵な縁があるのでしょうね*

 

ちなみにSBS は、ワンミリ(one  in a million)の初回限定盤のDVDに収録されています。

抱いてセニョリータのバラードバージョン

バラードバージョンが観られるDVDをご紹介。

NEWS Pasific のソロ場面でバラードバージョンを視聴することができます。

 

山Pが出てくると、それまでの雰囲気がガラッと変わるんですよね。

空気もオーラも変わるというか。

本当にソロが似合う人だとつくづく感じる瞬間でした。

 

このDVDでは、人気の「ゴメンネジュリエット」も歌ってくれています。
ゴメンネジュリエットは、通称「ゴメジュリ」と言われています。
こちらは、SBSの1曲目を飾りました。

 

クロサギ

山下くんの哀愁と孤独、孤高の君。

観ていて心を掴まれます。

山崎努さんにも絶賛された、山下くんの演技、是非チェックしてみてください。

そして、山Pにハートを「バーン」されていない人は、バーンされてしまうことは間違い無いでしょう。

まとめ

山Pソロデビュー14周年にちなんで、デビュー秘話をご紹介しました。

まとめきれなかった部分もあるので、また随時補足する予定です。

ソロデビューから14周年、いろいろなことがありましたが、今も言えることはただ一つ、

「山Pありがとう」

走り続けてくれて、夢に挑戦し続けてくれて、私たちsweetiesを楽しませてくれてほんとうにありがとう。

感謝の気持ちしかありません。

ソロで活動してくれて、寂しさや孤独や色々な気持ちと向き合いながら、今もなお挑戦をし続けてくれる山下智久くん。

その山下くんの描く夢を、これからも応援していくだけです。

応援していると本当に幸せな気持ちになれます。

山Pのファンでいられる幸せに、今日も感謝をしています。

✩今日は本当におめでとうございました✩

 

 

コメント