山下智久さん、徹子の部屋初出演記録【山P 母からの手紙、生田斗真くんのこと】 

番組出演
徹子の部屋 山下智久初出演

少し前になりますが、2020年7月17日、黒柳徹子さんの番組「徹子の部屋」に山Pが、初登場しました。

徹子さんの無茶ぶりにも、持ち前の紳士さで対応し、昼間の番組にもかかわらず、ツイッターでもトレンド入りするほどの反響でした。

そして、中でも特に私が印象に残ったのは、生田斗真くんとのこと、そして、
実のお母さまからの手紙でした。

とても素敵な内容だったので、この場所に少しだけ残しておきます。

スポンサーリンク

生田斗真くんの放送回でVTR出演

2011年VTR出演の思い出

山Pが生で「徹子の部屋」に出演したのは、2020年7月17日の今回が初めてでしたが、
2011年の生田斗真くんが出演したときに、VTRで出演していたのを記憶しています。

放送されたのは、
当時、記念すべきファーストソロコンサート。
SBSこと『SHORT BUT  SWEET 〜短いけれどいい時間(とき)を〜』に、斗真くんが遊びに来てくれて、一緒に「欲望のレイン」を歌い踊った時の映像でした。

山Pが赤のラメのジャケットに、黒のパンツ。
斗真くんが、黒のジャケットに、赤色のパンツ。

そんなお揃いとも言えるコーディネイトで、息もダンスもぴったりな二人が、ジュニア時代と同じように「要望のレイン」を歌い上げる姿、そして手を握り合った場面、抱き合った場面、それは感慨深く最高の時間でした。

山Pと斗真くん

そんな斗真くんに、今回山pが徹子の部屋に出演するにあたり、アドバイスを受けていたそうです。

山P:「斗真からは、無茶振りされる可能性はあるけれど、楽しんでこい!」という話をされていたのですが、それにしても想像を超える無茶振りをいただいたなと思います。でもそれも全て楽しかったです。」 

 

今回の番組内でも、徹子さんが秘蔵映像が見つかったと言って流して下さったのは、
「ジュニア時代の、KinKi Kidsさんのバックダンサーを、斗真くんと一緒に踊っているシーン」でした。

山P:(映像について)映像をみたのは初めてかも。嬉しいのは、隣で踊っていた彼(斗真くん)と、ずっと友人としていい関係でいられることですね」

 

山Pのその映像をみる姿に、なんともいえない温かい気持ちになりました。

人生で親友に会える確率

親友に会える確率というのは、一生涯で三人と言われていると聞きます。

これは、2018年のツアー「UNLEASHEDワンミリことOne in million が始まるプロローグにおいて、様々な世界の奇跡的な確率が流れるのですが、その映像の中でも示されていました。

「親友と呼べる人に出会える確率、1/2400000000 」

これは、小数点にすると、0.0000000004166%という数字となり、どれほど貴重な出会いなのかを物語っています。

山Pと斗真くんのことは、「山斗真:やまとま」とファンの間では呼ばれたりするほどに、二人で一つ的な価値があります。
亀と山Pも、ものすごく大切ですが、「やまとま」への深い想いをもたれている方は多いことと思います。

山下くんにとっての斗真くんの存在。斗真くんにとっての山下くんの存在。唯一無二の存在と関係性。
二人がこれからも変わらぬ二人であり、それぞれに幸せでありますようにと願っています。

徹子さんからのダンスのリクエスト

話は、徹子さんの話に戻ります。

その斗真くんと、ジュニア時代に一緒に踊っていた曲を踊ってほしいと、徹子さんが山Pにリクエストをされたのです。

即答で「やりましょう」と答える男前な山P
すぐに軽快なステップを踏み出す山下さんが、大人で本当に素敵でした。

ダンスももちろん、控えめだけど、リズムを片手で取りながら、記憶をたぐり寄せるように踊り出し「あ、覚えてる、覚えてる」ととても嬉しそうでしたね。

約20年前のダンスで、しばらく踊っていないのにもかかわらず、メロディーが流れ出すと、自然と体がリズムを刻みだす。

そんな、記憶と体験とが融合した瞬間、そして山Pの身体能力の高さという貴重な場面をみせていただくことができました。

さわやかなステップがナチュラルで、でもなぜか「決まっていて」、本当にカッコ良かったです。

徹子さん、無茶振りなリクエストを本当にありがとうございました。

山Pの家族愛、お母さまからの手紙

山Pの家族愛

次に、手紙の話題に移って行きますね。

この手紙は、山Pのお母さまが書かれた山P宛てのお手紙でした。

山Pの美しい大きな瞳がじんわりと潤んでいくのがわかる、とても優しくてあたたかなお手紙でした。

そして改めて、山下智久さんという方の、家族愛を確認させていただくことができました。

それでは、実際にその手紙の内容を紹介させていただきますね。

お母さまからの手紙:全文

お母さまからのお手紙に綴られた内容は下記となります。

好奇心旺盛でやんちゃな子でしたので、スーパーで買い物なんて落ち落ちできず、本当に目が離せませんでした。

幼稚園の頃は寂しがりやで、よく「行きたくたくない」って泣いていましたが、小学校にあがると、お友達も増え、生徒会をやるまでになり、誇らしかったです。

ジャニーズ事務所に入りたいと言われた時は、自分がやりたいことだから応援してあげたいと思いました。

人の何倍も努力をしてきた姿をみてきたので、ただただ尊敬しかありません。

今回の緊急事態宣言中では大切だから会わないんだと、うちに帰ってきませんでした。

いつも自分のことより家族のことを大切にしてくれている姿が嬉しいです。

これからも頑張りすぎず体を大切にしてください。

母より。

引用:徹子の部屋 2020年7月17日「山下智久さんのお母さまからの手紙」

 

山Pの家族想いな一面は、山Pの素敵さを語る上で外せない、sweetiesたちも周知の事実ですが、改めて実際のお母さまからの声を聴くと、ただただ納得し感激してしまいました。

お母さまの声である、お母さまからみても「尊敬する存在」であること。
そして、「自分よりも家族を大切にする」からこそ、自宅に帰らない選択をしていたこと。

素敵すぎて、震えてしまいます。

迷わず、大切な人のために会わない選択をする。
男らしくて、そして人として、尊敬するしか言葉が見つかりません。

住む場所も環境も違いますが、山下くんのように「大切な人を、大切な家族を守りたい」そう思ったら、それを本気ですぐに行動する。

自分の持つ信念のもと、まっすぐに生きていきたいと思うことができました。

山Pのお母さまに関する体験談

優しい握手

山Pのご家族といえば、コンサートにもよく来られています。

そんな場面に、偶然出くわすことがあったことを思い出しました。
もう5年以上も前のコンサートのことですが、出会えた瞬間のことはよく覚えています。

とても華奢で控えめで、可愛らしいお母さまでした。
滅多にお会いできる人ではないため、ちょっぴり興奮してしまっていたのですが、快く優しく握手に応じてくださって、感激したのはいうまでもありません。

優しく品のある笑顔で、山Pの笑顔を感じさせる笑顔でした。

当時は、私も遠征でしたが、お母さまたちも遠征となる場所での出会いでしたので、山Pの家族愛に負けず劣らず、お母さまたちの山P愛?息子愛?家族愛?も素敵だと思っています。

山Pの家族愛は、そんなお母さまの血を引きついでのものなのかなと、感じたりもしました。相思相愛という素敵さですね。

お母さまに出会えたことは、どんな芸能人(山Pをのぞく)に出会うよりも、もしかしたら嬉しかったことなのかもしれません。

いつかまたどこかで、元気にコンサートの応援に来られている姿をお見かけしたいものです。現在の状況が落ち着き、いつかまた、そのような状況が戻ってくることを願うばかりです。

ジュニア時代のテレビ出演

お母さまといえば、ジュニア時代の番組にも生出演されたことがありましたね。

山Pのお母さんは誰かを当てるコーナーでした。

やっぱり息子さん(慣れない言い方で戸惑いつつ)と同様で、
テレビ越しではありますが、きらりとした空気をお持ちの方だと感じました。

もっともっと、「徹子の部屋」を掘り下げたいところですが、長くなってきましたため、この辺りで、生の声を残しておきたいと思います。

私の周りのリアルな反響

昼間のゴールデンタイムを山Pがジャック

この「徹子の部屋」の番組をきっかけに、山Pのファン(sweetie)になられる方もいらっしゃるのではないかと感じます。

それほど内容の濃い、30分でした。

徹子の部屋は、冒頭でも触れました通り、昼間の番組で、

毎週月曜日〜金曜日の13:00-13:30に放送されています。

昼間の時間といえば、主婦の皆さんが一休憩される時だったりしますよね。
そして今はテレワークの影響で、在宅で仕事をしながらテレビ鑑賞をされている方も多いことでしょう。

そんな昼間のゴールデンタイムに、ジャニーズのエースが、いえ、世界の山Pが登場されたのですから、誰もが目を疑ったことでしょう。

ツイッターでもトレンド入りしたとのニュースが出ていました。

「徹子の部屋」堕ち?sweetie?

実は、(どうでもいい情報ではあるのですが)
私の母も母の友人も、毎日「徹子の部屋」を録画してみているという、徹子さんフリークなのです。

まさか、自分の娘がもう10年以上も熱をあげている「山下智久」さんが「自分の録画している”徹子の部屋”で目にすることになるとは思ってもみなかったようで、
当日はすぐに連絡が来ました(笑)。

それはさておき、

母と一緒に番組をみている母の友人が、「山Pのファンになってしまいそう」と言っていたとのことでした。
それはやはり、山下さんの家族愛の部分をみたことで、山Pの人柄に触れ、感動をしたとのことです。

山下さんのファンの年齢層は幅広く、これまでにもテレビで放映された「モニタリング」の番組でも話題となった「山Pとデートをされたおばさま」がいらっしゃるように、sweetiesはあらゆる年齢層のファンがいらっしゃいます。

何歳でもいつからでもsweeties仲間として大歓迎です。

今回のテレビ出演で、やまPのsweetiesは確実に急増したことでしょう。

山Pのファンである幸せ

尊敬

「徹子の部屋」を通し、自分よりも家族を大切にできる、自分よりも他者を優先できる、「人として敬うべき人であることを、まじまじと感じさせていただきました。

山下智久くんのファンsweetieとして、本当に幸せだと、最近はことあるごとに感じていますが、「徹子の部屋」をみて、またその想いに浸ることができました。

努力

ファンはアーティストの背中をみて育ちます。
お母さまの言葉にありましたような「人の何倍も努力をしてきた人」。

どんなことにもまっすぐに向き合い、あえて難しい道を選択し、人以上の努力をしてきた姿。

「お母さまはしっかりみていらっしゃったのね」と徹子さんが、流石のコメントをされておられましたが、

sweetiesもみんな、ウルウルしながら画面の前で肯いていたことでしょう。

これからもsweetieでいられることに、日々感謝をし、山下くんのように努力できる人でありたいと思います。

まとめ

徹子の部屋、永久保存版。

今現在、感染拡大に伴い、精神的にも辛くなりやすい時期ですが、こんな時でも山Pという光に、何度救ってもらったことでしょうか。

今こんな時だからこそ、山Pの人柄が全面に表出された今回のような番組は、あらゆる人を救っていると思わずにはいられません。

懐かしくも大人になったダンスを観させていただくことができ、親友への想いも聞くことができ、貴重なお母さまからの手紙も聴くことができ、流暢な英語での自己紹介なども観られたりと、

今回の「徹子の部屋」は永久保存版で間違いありません。

(というか山Pの全てが、人類の奇跡のため永久保存版なのですが。)

昼間在宅におられる方々の目にとまり、その「山下智久」たる美貌だけではなく、人としての内面、立ち居振る舞い、性格、家族への想いなどなど、山下智久くんの核の部分に触れ、惹かれた方は多くいらっしゃったことでしょう。

山下さんの美しさ・素敵さに心が潤い、その優しさに心癒され、また一方でその前向きさに元気をいただく。

本当に最高に素敵な時間でした。

山Pに出会えた奇跡に感謝

こんなにも尊敬できる山下智久くんという人に出会えた奇跡を、sweetieになった自分自身を、心から誇りに思えます。

今日も明日も、来年も10年後も、30年後も、私はsweetieでいられる自分を誇れることでしょう。

山下智久くん、毎日あなたへの感謝の気持ちであふれています。
ありがとうございます。

 

コメント